新聞制作事業本部 業務内容Business Content

 新聞制作事業本部は西日本新聞社から取材や編集、校閲業務の委託を受け、西日本新聞編集局と連携を取りながら日々の紙面作りを担当。いわば、西日本新聞の〝第二の編集局〟の役割を果たしています。取材部、編集部、スポーツ編集部、レース部の4部から構成されています。

2001年10月の業務開始以来、担う分野は広がりつつあります。新しい仲間を迎えながら、協調性やチャレンジ精神を忘れずに、よりよい紙面作りを目指して励んでまいります。

編集業務

 取材記者が書いた原稿や写真をもとに紙面をレイアウトし、見出しを付ける業務です。

 記事の価値を判断し、どの程度の大きさで扱うかを決めます。記事の大きさに適した見出しの文言を考えながら、一方で見出しや写真の配置を決めていきます。価値判断、見出し、レイアウト。編集業務は、この三つをほぼ同時に進めていく〝職人技〟といえるでしょう。

こんな紙面を編集しています。

  • 西日本スポーツの編集業務
  • 西日本スポーツレース面(競馬、競輪、ボートなどの公営ギャンブル)の取材、出稿、入力、校閲業務
  • 本紙のアマチュアスポーツの記録を掲載する「スポーツFUKUOKA」の取材、出稿、編集、校閲、降版業務
  • 本紙および西日本スポーツ番組ガイドの編集、校閲業務
  • 本紙および西日本スポーツの釣り面の取材、出稿、編集、校閲業務

校閲業務

 校閲は、原稿に誤字脱字はないか、不適切な日本語表現はないか、編集者が付けた見出しが原稿の内容とずれていないかなどをチェックする仕事です。